注文住宅に決めた理由とは

私が家を建てようと思った時に注文住宅にしたのは
家を建てるなら建売住宅よりもずっと良いと思ったからです。

特に家は建売住宅でも注文住宅でもそれなりに高額の建設費用が必要になります。それにもかかわらず建売住宅を建てても
満足度が低いと思ったというのがあります。

確かに注文住宅を建てると建売住宅よりも高額な費用が必要になります。ですが、それだけの費用を払ってでも注文住宅を建てた方が良いと思いました。

また注文住宅を建てる時は建売住宅とは違って家を建てる楽しさというのがあります。

逆に建売住宅の場合は最初からどういう家を建てるかすべて決まっているので家を建てる楽しみはないです。

もちろん、新しい家に住めるという嬉しさはあると思います。
ですが、注文住宅を建てる時のようなわくわく感はないです。

ですから、私は多少費用が高くなっても家は注文住宅を建てました。それで私の理想通りの家を建てる事ができて良かったと思いました。